紫外線対策は年間を通して必要??

 

紫外線対策は、年間を通して行うことが必要だといわれています。
紫外線は、日差しの強い夏に多いという印象があるかもしれませんが、実は、年間を通して降り注いでいることがわかっているからです。
一般的に、紫外線量は5月に一番多いと言われているようですが、冬でもその半分~3分の1ほどの紫外線量があるとされています。
つまり、日焼けをしてしまう可能性は一年中あるということです。年間を通して紫外線対策を心掛けることが大切です。
●日焼け止めの選び方
日焼け止めは、使う場面に合わせてSPF・PAの数値を選ぶことをおすすめします。
SPF・PAの数値は、高いほど紫外線の影響を受けにくくするといわれています。
真夏のレジャーで使う場合と、通勤・通学で使う場合では、適したSPF・PAの数値も変わってきますので、自分の使う場面や肌の状態を考えながら選ぶことをおすすめします。
【紫外線カット指数】
■SPF(Sun Protection Factor)
SPF値は、肌を赤くしてしまうといわれる紫外線の一種「UV-B」を防ぐ力の大きさを表します。
日光に当たったときに、日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が赤くなるまでの時間を何倍に延ばせるかを数値にしたものです。
SPF1=約20分、UV-Bの影響を受けにくくするといわれています。
例えばSPF25の日焼け止めの場合、理論上、【20×25=500分=8時間20分】肌が赤くなることを防ぎます。
■PA(Protection grade of UV-A)
PA値は、肌をすぐに黒くしてしまう紫外線の一種「UV-A」を防ぐ力の大きさを表します。
日光に当たったときに、日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が黒くなるまでの時間をどれだけ延ばせるかによって4つに分類されます。
PA+~PA++++までの4段階で、+が多いほどUV-Aを防ぐことが期待できます。
●日焼け止めを使う際のポイント
日焼け止めでしっかり紫外線対策をするためのポイントをお伝えします。
■日焼け止めは1年中使用する
■日焼け止めは塗り直しをする
紫外線による影響は、忘れた頃にシミやそばかすとなって現れることもあるようです。

 

実は普段あまり気にしない目も紫外線の影響を受けます。

見落としがちな目からの日焼け。紫外線が目に入ると、目からの情報が脳に伝わり、脳が反応す

ることで、肌に直接紫外線が当たったときと同様の日焼けが起きると言われています。シミやソ

バカスの原因になることに加え、思わぬ目のトラブルにつながる可能性も。

サングラスでしっかりと紫外線予防をしましょう。

まつ毛エクステをしている人はサングラスやメガネがあたってしまうという人も多いかと思います。

その時は担当のアイデザイナーさんに相談し、当たりにくくしてもらいましょう。

今からしっかりと紫外線対策を行うことで、未来の自分の肌を守りましょう!!

|内職 アルバイト|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|童話|オーディオ|初値予想|JALカード|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|クリニック集客ノウハウ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|